ローソク足を非表示にするインジケーター(v_controller)

FXは9割が負ける」わけで本に書いてある常識やパターンを使ったり、構築した自分手法を使っていれば、残念ながら資金を溶かしてしまいます。「余計な事」をやらない、これに尽きると思うわけです。



ローソク足の動きもそうした余計な思い込みを作る元になり、度々トレーダーを悩ませます。

分析するときに”非表示にできたら捗るのにな。”という場面も多くある。そんなときにローソク足を非表示にするインジケーターを探したらあるにはあるけど、有料だったり特典だったり、結局いいものが無かったので作ったほうが早いと思って作ってもらいました!

似たようなものがあるので独自性はないのだけれど、せっかく作ったので必要な人はどうぞ使ってくれ、というわけで置いておきます。ダウンロードはページ最下部で。

人によっては、重宝すると思います!

MT4専用インジケーター「v_controller.ex4」

v_controllerは、PC版MT4専用インジケーターです。

機能は、キーボードの「V」を叩くと、ローソク足が非表示(黒色)になります。

※チャートに表示されているチャネルは別(いるかホテルチャネル)です。

シンプルながら、分析するときにパッとローソク足を消せたらとても便利かなと思います。チャネルなど、流れも明確に判断できますね。

いるかホテルチャネルについて
http://isekai-trader.com/2020/10/16/irukahotel/
http://isekai-trader.com/2020/10/25/isekaitrade/

「ファムファタール」の様

「運命の相手」「悪女」だけではなく、それらを満たしながら「男を破滅させる魔性性」のある女性を指すことをファムファタールと形容することがあるのだけれど、ローソク足はまさにその様なものじゃないかな、と思うんです。

例えば、上の画像では、ちょっと極端な例だけどトリプルトップを作っている。

これでショートする人だっていると思うし。これで損切りする人もいる。

でも、例えばこれを「流れ」で見たらまだまだ上りなので、安易にはショートは打てない局面である。このダマシは「ローソク足」が見せているものに他ならない。

(ここに異世界アラートCルートや、フェイラー、リバースダイバーなどが絡んできてはじめてショートが見えてきたりする、という解説は他の記事を参考にしてくれ)


俺のライン(笑)”を引いている人も多く裏切られてきたと思うしね。

魔性のローソク足ばかりおいかけていたら”破滅する”のです。


まぁ、よーーーーーく冷静に考えたらわかることなんだけどね。


「買い」と「売り」が綱引きしているものがチャートの本質だから、たしかに傾向があるのはわかるけど、そこに信頼をかけていくというのは未来予知行為に他ならないし、それこそランダムウォークであるわけで、そんなところに線引いても、「当たった!嬉シス!!俺ここ線引いてました!!!!」ツイートをむなしくすることしかできなくて当然。「ここ引いてる!!さぁどうなる!!!」てツイートしても外れたら黙るだけ。



それで自己顕示欲満たして幸せになるのなら、たくさんやればいいと思うけど、僕は資金を伸ばしたいだけなので、やらないだけです。

担がれてお祈りする人も良く見かけるけど、このランダム性に担がれないようにするのはほぼ無理なので、担がれたくないならエントリーをしない=FXを辞めれば解決できると思っている。

推奨する使い方

やっぱり「流れ」を意識してほしいですね。いるかホテルチャネル持っていない人も、その辺の無料のチャネルいれるだけでいいのでぜひ併用してみてほしい。

いま上の画像だと流れが下向きじゃないですか。で、あれば「まずショート目線」で分析を組み立てる。これだけでえらい戦績変わると思います。



まぁ、さ

検証とかリスクリワードとかインジケーターがどうのとか負け単語ばっかり羅列してないで、GOLDで稼いでGOLDで溶かしたりとか、お金ホントもったいないっすよ。


誰も特別な何かをもってはしないんだから。


ちゃんとチャート見て、チャート考える。まずはこれを徹底しようぜ。

「異世界アラート」とかわけわかんないこと言ってるやつが勝っているくらいなんだから、FX界隈のもっとわけわかんないハイカルチャーな横文字に騙されないでね。ほんとうにチャートの本質理解してくると専業目指すとか意味わかんないこと言わなくなるからさ。

Vコントローラーを引け!!!

埃まで映っちゃった...

完全無料なので、勉強会参加者以外の方は、もしよければダウンロードしたらツイッターなどで宣伝してもらえると嬉しいデェス!

次に読みたい

http://isekai-trader.com/2020/10/27/contents/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事